HOME>注目記事>追尾を何回か行うだけで、ターゲットの行動パターンを調べられる

行動パターンを割り出す追尾

虫眼鏡

探偵は様々な調査方法を用いて、依頼主の調査を引き受けます。中でも最も多いのが追尾調査です。これは、埼玉だけでなく、全国に展開する探偵事務所が得とする調査方法であり、これによって行動パターンを割り出すことが可能です。例えば、配偶者が不貞行為を働いているので調べてほしいと依頼を受けると、まずは日頃どういった行動パターンをしているのか、という点に焦点を当てます。そして、スタッフ2人をチームとして、ターゲットの追尾を開始します。追尾は依頼にもよりますが、大体数回終えたところで行動パターンが確定します。その上で、就業後にホテルで密会をしている証拠などをしっかりと抑えて、依頼主に提出するのが探偵の仕事の特徴です。

依頼の内容は多種多様

資料を持った男性

社会が複雑化する中で、探偵への依頼内容も多様化しています。例えば、最近ではストーカー行為や子供のいじめの相談などが相次いでいます。そうした依頼を受けた場合は、ターゲットの行動を地道に調べることで、状況を明らかにします。ストーカー被害は埼玉や東京といった都市部で問題化しています。そこで、探偵で調べた証拠を添えて提出することで、警察が取り合ってくれるケースが増えているといいます。

浮気調査は協議や裁判の材料になる

望遠鏡

ネットの発達により、浮気調査に対するニーズが以前よりもぐっと高くなりました。それは、その後の行動を見据えてのことです。例えば、配偶者が浮気をしていて離婚を考えている場合、証拠があればその後の離婚協議を有利に進められます。そこで、埼玉の探偵事務所に浮気調査を依頼し、浮気の決定的な証拠を掴むのです。それをもとに弁護士に相談し、浮気という事実で証拠を固め、離婚の条件を有利に引き出すのに効果的です。

広告募集中